本文へ移動

スタッフのつぶやきブログ

スタッフブログ 旭ホームズつぶやきブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

軒先の重要性

2021-07-04
カテゴリ:モデルハウス,広島,現場,つぶやき,名藤,高気密・高断熱,ZEH,認定低炭素,省エネ住宅,長期優良住宅,会社の事,旭ホームズ,寒くない家,断熱性能の事,パッシブ,お客様のこと,ゼロエネルギー住宅
土日に新規のお客様にモデルハウスのご見学をして頂きました。


その中でお家の軒先のお話をさせて頂く事がございました。


ちょうど今の時期から夏の後半にかけては軒先は日射を遮るものとして活用が可能です。
真南向きですとその効果は大きいのですが、東西に建物が大きく振ってしまうと効果は少なくなりますが軒先にすだれを下げたりする事で窓からの日射熱の取得を抑える事ができます。


LIXILさんのホームページから引用
プラス今回は外壁の保護の観点で軒先の重要性のお話をさせて頂きました。


最近ではBOX型のデザイン住宅をよく見ますが、BOX型の住宅の場合、雨が直接外壁に当たり、窓からの漏水、またはバルコニーの笠木部分からの漏水リスクが高くなると思います。


それを避けるために高性能な外壁材(光触媒とかコーキングレスの四方あいじゃくり製品など)や屋根材を使いますというご提案を受けた方のお話をよく聞かせて頂きます。


であれば単純に設計として軒を伸ばし、メンテナンスのできる外壁材にする事でコストダウンとメンテナンス性が上がるのではないかと思います。


以前、日経ホームビルダーで『それでもやる?軒ゼロ住宅』という特集がありました。
日本人は先人の時代から建物の軒の重要性を理解しており、神社仏閣など現在でも残っている古い建物のほとんどは軒先の長い日本建築です。


軒の長さだけが建物の劣化を決めるわけではありませんが、昔の真壁作りのお家はできるだけ直接外壁に雨が当たらない様に工夫して建築していた事は間違いありません。


この様に日本の四季と雨や日射などと軒先の関係は建築物を建てる上でとても大切な関係でした。


現在では軒の無いお家を良く見ますが、基本に忠実に設計するのであれば、特に真南向きの方向が敷地内であれば軒先をある程度長く確保する事は劣化対策や日射遮蔽の上では良い事の方が多いです。
デメリットも少ないので私たちの会社ではほぼ軒先を確保したお家が施工例として多いと思います。
敷地の制限があったり、デザイン上どうしても箱型が良いという方もいらっしゃると思います。


注文住宅はクライアントのご要望で作り上げていく部分がほとんどですが、私たちの会社では事前に軒先の重要性をお話してプランニングをしております。
劣化を抑え、日射の抑制効果が期待できる軒を一度気にしてみて下さい。

お家のスケッチ

2021-07-02
名藤です。


最近お家の外観をiPadで書くのが楽しいです。


applepencilを使って書きますが手書きのスケッチでもすごく味のある絵になります。


それなりに時間は掛かりますが熱中しているとすぐに時間が経ちます。
時を忘れて熱中する、まさにマインドフルネスです。


というか昔から集中すると時間を忘れて入り込めるので好きなんです。


さて、次はどちらの物件を書こうかな。

お家の燃費から考えるご提案

2021-07-01
カテゴリ:広島,新築,つぶやき,名藤,高気密・高断熱,省エネ住宅,長期優良住宅,旭ホームズ,設計の事,寒くない家,断熱性能の事,パッシブ,気密測定,床下エアコン,お客様のこと
本日、西区でお問合せ頂いているお客様の1回目のお見積もりのご提出でした。



プランをご提案差し上げてから細かな修正をした後に正式なお見積もりとなり、本日のご提出を迎えました。



その中で建築後のお家のランニングコストの資料をお作りしてご提案差し上げました。



ほとんどのお客様はお家を取得する費用で建築業者を決めている方が多いと思います。
ですが、大切な維持費やお家の燃費について事前に建築業者さんにお聞きしたり、資料をもらったりする方は少ないのではないでしょうか?


お家はお引き渡しした後からランニングコストが掛かります。電気代やガス代、水道代やメンテナンス費用、35年で考えるとリフォーム費用なども掛かります。


取得単価が安くてもランニングコストが掛かっていては長い居住期間の中のどこかの時点で全体の費用が逆転する時があったりします。


特に住宅ローンの期間で多い35年の長期間で考えるとランニングコストが安いお家の方が原油価格の上昇や為替、地球環境の変化にも強く安定した維持費で暮らす事が可能です。






車を買う時に燃費を気にする様に、お家の燃費も気にする方が良いと思います。


現在ではシュミレーションソフトは無料の物も含めると沢山世の中に出回っていますので比較的ライフサイクルコストを計算するのは簡単です。


今回も事前に外皮計算した後に一次エネルギーを計算し、その後ライフサイクルコストの計算を住宅ローンのコストも考慮して比較しました。


今回の現場も計算するとライフサイクルコストで厳しめに数値設定しても取得単価が300万円安いと仮定した平成28年基準のお家と比較すると、光熱費は初年度からご提案したお家の方が当たり前ですが安く、35年で考えるとほぼ支払う費用は変わらないという事になりました。


ちなみに、光熱費以外の維持のためのリフォーム費用や設備の交換も考慮しても変わりませんでした。



300万円安いお家を得と考えるかは考え方しだいですが、夏暑く、冬寒いお家に35年住み続けてお得であると考えるならば住む方の我慢でそのお家が成り立っている部分もあるかと思います。



やはり、快適に安心、安全に暮らせるお家の方が体も心も健康に暮らせるのではないかなと思っています。



お客様にはランニングコストの部分もご理解頂き、次のステップに進む事になりました。
ご契約前に上記の様な事を知っているのと知らないのでは大きな違いです。


大切なお客様のお家なのでこういったシュミレーションや計算もしながら安心してお家を検討できる様に進めていきたいと思います。




海が見える高台の家が間もなく着工します。

2021-06-30
カテゴリ:現場,新築,つぶやき,名藤,高気密・高断熱,省エネ住宅,長期優良住宅,設計の事,寒くない家,断熱性能の事,窓の事,気密測定,床下エアコン,お客様のこと
大竹市で建築を行う『海が見える高台の家』の着工のご挨拶まわりにお伺いしました。


地鎮祭後にご挨拶にお伺いましたが、長期優良住宅の認定申請や構造計算、県条例の対応などで着工までだいぶお時間が経ってしまいました。


本日、改めて敷地内に入り海を眺めてみました。


『景色最高です!』


朝方にお伺いしましたが東側に見える海はキラキラしていてとても気持ちが良く、島と海と船と町が混在している何とも広島らしい、瀬戸内らしい景色でした。


こちらのお家は高台に立ちます。先程お話した中にあった県条例は崖地の擁壁に対する安全性に関わる確認でした。


安全に工事を進めるために杭をまず敷地に打ち込んでいきます。良い建物も良い地盤作りからですのでしっかりと施工していきます。


季節が変わるごとに表情を変える瀬戸内の海をレポートしながら工事の進捗を随時お伝えしようと思います!

思い出エピソード

2021-06-29
カテゴリ:広島,つぶやき,旭ホームズ,お客様のこと
先日、OBのお客様に向けて思い出エピソードの募集のハガキをお送りさせて頂きました。


設立38年経った私たちの会社は沢山のOBのお客様に支えられてきました。


その中で、私たちの会社との思いでのエピソードを書いてご返信して下さいという往復はがきをお作りしてお送りさせて頂いたのですが、
沢山のOB様から心温まるエピソードを沢山ご返信して頂きました。本当にありがとうございます。


どちらのお客様にもひとつひとつ色々なエピソードがありました。
工務店という仕事は色々な事が起きたり、思い通りに行かない事もたくさんあります。


ですが諦めずコツコツとお施主様のお家を守ってきた事がお手紙を見て評価して頂いていたのだと再確認しました。
改めてお礼を申し上げます。ありがとうございます。


現在、会社事務所2階の階段を上がった踊り場に掲載しておりますのでお時間のある方はぜひ見に来て下さい。


今後もたくさんの心温まるエピソードできる様に日々コツコツと頑張っていきます!
お返事頂いたお客様、ありがとうございました!!



Facebookページもご覧下さい!

 
 
旭ホームズ株式会社
〒731-5101
広島県広島市佐伯区
五月が丘2-8-26

フリーダイアル
0120-50-4649
TEL.082-941-1211
FAX.082-941-1331

広島で 新築・リフォームをするなら旭ホームズへ
TOPへ戻る