本文へ移動

スタッフのつぶやきブログ

スタッフブログ 旭ホームズつぶやきブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

旭ホームズの新しい仲間をご紹介します。

2022-01-20
カテゴリ:広島,会社の事,旭ホームズ
今月から旭ホームズに新しい仲間である西谷星香さんが加わりました。


まだ入社されて間もないのですが、会社の新しい力となるべく毎日努力されています。


ここで西谷さんのプロフィールをご紹介します!


お名前:西谷星香(にしたに せいか)

出身:兵庫県神戸市

趣味:映画鑑賞、ミニチュアを集めこと

特技:ピアノ(最近あまり弾けていませんが)絶対音感も少しあります。

好きなスポーツ:テニス、ラクロス(大学時代はラクロス部に所属していました)

好きな有名人:BTS、菅田将暉

目標:1級建築士を目指しています。お客様を感動させる家づくりをすること


ご挨拶
旭ホームズの社員の方々の暖かさや地域に根ざした工務店ならではの、お一人お一人に寄り添った家づくりに共感、魅力を感じ入社を決めました。
まだまだ分からない事も多く、未熟者ではありますが、皆様のお力となれますよう、精一杯頑張りますのでどうぞよろしくお願いいたします。






旭ホームズのこれからの未来を担う方です。


現在、仕事をしながら1級建築士の勉強をされています。
真っすぐな努力が私たちの会社に新しい風を起こしてくれると思います。


お客様を感動させる家づくりが一緒にできる様に、私たちも努力し、協力して西谷さんの目標を応援したいと思います!





【ご案内】

廿日市市で建築中の長期優良住宅の断熱・構造見学会を予定しております。ぜひご見学下さい。




告知



来月上棟と基礎着工します。

2022-01-19
カテゴリ:広島,現場,新築,つぶやき,名藤,高気密・高断熱,ZEH,省エネ住宅,長期優良住宅,全館冷暖房システム,床下エアコン,お客様のこと,工務店,ゼロエネルギー住宅,耐震等級3
安佐南区の床下エアコン採用の長期優良住宅は来月初旬に上棟の予定です。


基礎工事は完了し、先行配管、土台敷き、足場設置と進んでいきます。


現在細かな仕様のご確認を再度行いながら、上棟に向けて進んでおります。




続いて、佐伯区の現場では1月末に上棟予定の現場がございます。


その隣にあるご親族のお家も2月初旬から基礎工事着工の予定です。


3階建ての2世帯住宅と2階建ての大きな下屋根が特徴なお家が並んで建ちます。


どちらも長期優良住宅の認定を受けた建物になります。

そして2月中旬の予定で西区でも床下エアコンを採用した長期優良住宅の基礎工事が着工予定です。


こちらもシンプルな総2階形状の建物にウッドデッキや玄関がある部分に下屋根をプランしたシンプルですが普遍的なデザインのお家です。


パッシブ設計でもちろん高気密高断熱で床下エアコンで足元からポカポカと暖かいお家になります。



寒い時期ですが現場の方は順調に進んでおります。


ひとつひとつの作業を丁寧に行いながら現場を進めていきたいと思います。


工事途中や完成時には見学会を予定しておりますのでぜひご検討下さい。


直近では廿日市市の大屋根が特徴の長期優良住宅の断熱・構造見学会を1/23,30に行います。


こちらはご予約制なので下記のリンクからお申込み下さい。


廿日市市で建築中の長期優良住宅の断熱・構造見学会を予定しております。ぜひご見学下さい。




告知

ペレット燃料を購入しました。

2022-01-18
カテゴリ:つぶやき,名藤,プライベート
先日、ペレットの燃料を北広島町まで購入しに行きました。


山を2つくらい越えて行きましたのであたり一面雪景色でした。


集成材を作られているヒロシュウさんという会社がペレット燃料を作られているので工場まで引き取りに行きました。

当たり前ですが寒い時期になるとペレット燃料の消費は早くなります。


昨年ふるさと納税で真庭市からの返礼品で頂いた200Kgのペレットは今朝の時点で1袋になっていたので今回はヒロシュウさんの工場まで行き購入しました。


今回は15Kg入りのペレット燃料を12袋で180Kg分購入しました。



1袋700円で合計8,400円の燃料代です。


これを高いとみるか、安いとみるかはありますが大体運用費としては灯油と同じくらいと言われていました。


ですが原油高の影響で灯油の金額は上がってきています。


今はペレットの方が燃費としては良いかもしれません。今度計算してみます。


1月5日からは二十四節気の小寒で、「寒の入り」といわれ、これから更に寒さが厳しくなる時期です。


小寒から節分までの三十日間のことを「寒の内」といいます。寒が明けると立春になります。


冬が明け、春になるまでしばらくはペレットストーブのお世話になりそうです。



廿日市市で建築中の長期優良住宅の断熱・構造見学会を予定しております。ぜひご見学下さい。


【大屋根の安らぐ家】構造・断熱見学会


告知

完成間近です。

2022-01-17
カテゴリ:広島,現場,新築,高気密・高断熱,認定低炭素,省エネ住宅,長期優良住宅,会社の事,旭ホームズ,寒くない家,パッシブ,床下エアコン,お客様のこと,工務店,紙布,耐震等級3
大竹市の現場は完成がもう少しまで迫ってきました。


内装の工事もほぼ完了し、後は細かな付帯品の取付けや、家具設置などが残っています。


2月初旬にはほぼ工事は完了します。


大竹のお家は2/19,20で完成現場内覧会を予定しております。


資料請求を頂いたお客様から優先でご案内いたしますのでご興味がございましたら一度資料請求をお願いいたします。




また、廿日市市で建築中の長期優良住宅の断熱・構造見学会を予定しておりますのでこちらもご検討お願いいたします。




告知

景観と窓の断熱

2022-01-15
カテゴリ:広島,現場,リフォーム,リノベーション,新築,つぶやき,名藤,高気密・高断熱,省エネ住宅,設計の事,断熱性能の事,窓の事,パッシブ,お客様のこと
今日は海沿いにあるマンションのお客様宅に2重サッシを取付にお伺いしました。


ここから見える瀬戸内の景色がとても気持ちよく、ずっと外を眺めていられるそんな絶景でした。

今回2重サッシを取付した窓は、方角は東面なので夏は強烈な日差しが午前中に当たる場所で、大きな開口で換気窓も付いているので寒さや音の問題もある掃き出し窓でした。


なのでお客様からのご要望は断熱と防音の為に2重サッシを取付して欲しいというシンプルなご要望でした。


今回感じた事は景観の良さを生かしながら窓の断熱性能を上げるという事はとても大切な考え方だと思います。


いつも色々と教えて頂いている設計士さんが仰られていた言葉ですが、


『断熱は大切だけど北側に綺麗な桜が見えるならそこに大きな窓を取ります。その為に窓の性能は良い物をご提案します』


と言われていました。


窓単体の性能を追い求める大切さもありますが、景色や情緒を感じられる方角が敷地にあるならそこに大きな開口を取る事は大切な設計の考え方だなと思います。


窓性能がどんどん上がっていますが、景色を取り入れるセンスは性能では表せない物があると感じています。


敷地を読むという事はそう言う事だと思います。


現在建築中の大竹のお家や岩国の性能向上リノベの現場も綺麗な景色が外に見えるのでそこに大きな開口を取り、窓の断熱性能を上げて設計しています。
住宅の高性能化と共に、開口は小さくなってきていると思います。


窓を小さくすると熱ロスは確実に減りますが、外とのつながりも小さくなります。


現代の人と人との関係性にも近い気がしてしまいますが、建物も人も自然の一部です。


自然や環境が有って建物があり、人がいます。


自然を生かす事も窓設計、建物設計の大切要素だと改めて感じました。


告知

Facebookページもご覧下さい!

 
 
旭ホームズ株式会社
〒731-5101
広島県広島市佐伯区
五月が丘2-8-26

フリーダイアル
0120-50-4649
TEL.082-941-1211
FAX.082-941-1331

広島で 新築・リフォームをするなら旭ホームズへ
TOPへ戻る