本文へ移動

スタッフのつぶやきブログ

スタッフブログ 旭ホームズつぶやきブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

注文住宅に住んで1年目の夏のご感想

2021-08-01
カテゴリ:広島,新築,高気密・高断熱,長期優良住宅,旭ホームズ,断熱性能の事,全館冷暖房システム,床下エアコン,お客様のこと,ゼロエネルギー住宅
昨日に引き続き、注文住宅をお引き渡しさせて頂いたお客様からこの夏場の住み心地のご感想を頂きました。


床下エアコンを採用した2世帯住宅のお客様のお家ですが、お引き渡しして1年目は基礎からの蒸発する水分も多く、湿度がなかなか下がりにくい部分がありますが上手に湿度をコントロールしながら住んで頂いております。


先日、お引越し後に動画の撮影と雑誌の写真撮影のお願いをするためにメールさせて頂きました。


お施主様から住んでからの初めての夏のご感想と室温のデータをお送りして頂きました。


ご感想はこちらから↓


『引っ越してから快適な生活を送っております。エアコン、空調をいじり除湿機を稼働させ2Fは良い環境となっております。1Fもエアコン温度24〜25度、換気3で湿度65%程度なので1年目としては良い環境となっているのかなと思っております。
 
家中涼しい環境で子ども達も「この家気持ちいい」と自ら発言したのには驚きましたが、正直な気持ちなのでしょう。今はせっせと家の片付けに勤しんでいきますので、もう暫くお待ち下さい。』


↑ここまで


基礎断熱の場合の初年度の蒸発水分の事も良くご存じの方なのでこちらからお話しなくても湿度の事や冷房温度、換気システムの風量などのコントロールを上手に調整して頂いております。


もう少し湿度が下がると良いのですがこれ以上温度を下げると可能性は低いのですが床下で結露する危険性も考慮しないといけないのでしばらくは現在の設定温度で運用して頂ければ大丈夫かと思います。


快適な住空間でご家族も満足して頂いているとお聞きしてとても嬉しい限りです。


次回お伺いさせて頂いたら動画の撮影でご感想を頂こうと思います。N様、このたびはご報告ありがとうございました!

断熱改修させて頂いたお客様のご感想

2021-07-31
カテゴリ:広島,現場,リフォーム,リノベーション,断熱改修,寒くない家,断熱性能の事,洗面台,脱衣所,お客様のこと,工務店
先日水まわりの設備更新と2階の天井断熱のリフォームをさせて頂いたお客様からメールを頂きました。


断熱改修後の体感と室温などの情報を教えて頂きました。


2階の天井はセルロースを250㎜吹きこぼしして、洗面脱衣室や浴室まわりの断熱工事も一緒に行いました。


お客様から頂いたメールをご紹介いたします。


『暑くなってから断熱性能を毎日確認しています。以前も断熱材がないわけではなかったので効果絶大とまでいかないようです。猛暑日で以前より2度程低くなった感じです。
帰宅して2階の窓を開けておくと温度は下がり寝る前で29度程になります。

太陽光設置+天窓撤去+セルロースと去年の夏とは大幅に変化しており家全体としては温度上昇はかなり抑えられてると感じます。
変化が一番大きいのはリビングです。

全体の温度が抑えられているので窓を開けると降下も早いです。私はどちらかというと寒がりですが、今夏は寝るときにまだエアコンが必要ありません。
窓は開けて寝てますが朝方は少し寒いと感じる時もあります。ここ数日は28度前後。

さすがに28度では寒いとは思いませんが寝苦しくはないです。先週は26度くらいでした。これだと少し寒い感じです。

去年は毎晩エアコン全開でした。

今夏は去年に比べると最高気温は低いように思いますが、それを加味しても家全体の耐熱性能はアップしたようです。

夏に関していえば窓の遮熱ができればかなり効果がありそうです。今のところ次はリビング全体のリフォームと思っております。
家全体の窓は可能な限りといったところでしょうか。断熱の感想は随時報告しますので参考にして頂ければと思います。』


以上の声を頂きました。


実際に住まわれているお客様の声はとても大切な情報になります。


私たちの会社の改善点や今後の品質向上に役立ちます。


今回のリフォーム工事の仕様やデータをもとに次の断熱改修物件に役立てようと思っています。


今後岩国で断熱改修を行う性能向上リノベーションが始まります。今回の工事のヒントが役立ちそうです。
今から工事と完成後の体感をお聞きするのが楽しみです。


断熱改修前の断熱材施工の状況
断熱改修中の断熱材施工の様子
断熱改修前の天井の様子
天井にセルロースファイバーを施工している様子
改修後の天井の温度

海が見える高台の家が着工しています

2021-07-30
カテゴリ:現場,新築,名藤,高気密・高断熱,長期優良住宅
敷地の向こう側に海が見えます。
大竹市の素の家『海が見える高台の家』の基礎工事が着工しています。


その名の通り、敷地から瀬戸内の綺麗な海が見えるお家になります。


お家から海がきれいに見えるなんて本当に羨ましい限りです。


暑い中基礎工事は順調に進んでおります。


暑い日が続き、外での作業は休憩と水分補給しながらでないと熱中症の危険があるので職人さんには適宜休憩を取りつつ、丁寧に仕事を進めて頂いております。


いつもありがとうございます。


こちらの現場は上棟後に構造を見る事ができれば案内会を計画しております。


完成すると見えなくなる構造の部分を知るチャンスなので構造の見学会が決まりましたらぜひご見学下さい。




過去の地形を見る

2021-07-29
先日参加した地盤塾で熱海の土砂災害のお話がありました。


土木学会の現地調査のお話などもお聞きしましたがやはり盛り土が原因と思われる事が多いとの事でした。


その理由の一つとして流れてきた土砂の中に巨岩が少なかったとの報告があったそうです。


地山が崩れたならば土砂と一緒に大きな石が流れてくるはずが、大きな石が流れた形跡は少なく、やはり山頂の盛り土が原因ではとの事でした。


まだ被災された方がいらっしゃる中で責任や原因を語るのは早いのかもしれませんが人の手によって変えられた地形が原因となると考えさせれます。


古い地形の事が地盤塾の講義の時に気になったので旧地形を航空写真で遡ってみました。


やはり人の手が入って近隣の開発行為や盛り土が行われている形跡がよく分かりました。


旧地形は土地購入の際の地盤の状況の検討に役立ちます。


過去の地形から少しでもその土地の特性が分かると災害時の対策や事前の避難行動に生かせると思います。


絶対はありませんが知っておく事でできる事があると思っています。
最新の航空写真
2004年頃の写真
1979年頃の写真
1974年頃の写真
1961年頃の写真

ルンバの置き場場所

2021-07-28
カテゴリ:設計の事,家事を楽にする,お客様のこと
全自動掃除機のルンバを持っていらっしゃる方は多いと思います。


我が家もありますが毎度コツコツとお部屋を掃除してくれるので助かっています。


自宅では最初から設置を計画していた訳では無いのでリビングのTVの横という結構目立つ位置に基地があります。


ですが新築のお家でルンバを検討される場合はできるだけ目立ちにくい場所へ本体と基地はセッティングしたいものです。


そんな中、設置場所として多いのは畳の小上がりなど部屋の中で段差を高く取れる部分に設置する方が多いかなと思います。


和室の小上がりの下に設置した施工例



次に多いのが階段の一段目の蹴込と呼ばれる部分に設置する案です。



こちらも物理的に高さが取れる部分なので合理的な設置場所かと思います。




階段の1段目の蹴込に設置した施工例(右側の階段の1段目の下)



設置場所は色々な場所がありますが、合理的なのはリビングなどの大きなお部屋の真ん中付近で、かつ隠せる場所が良いと思います。


最近ではスティック掃除機などコンパクトですぐに使える掃除機などもあります。こちらの場合でもすぐに手に届く場所だと簡単に綺麗にする事ができると思います。


どちらにしても合理的な場所でしっかりと収納できる部分があればお掃除が楽になると思いますよ。

Facebookページもご覧下さい!

 
 
旭ホームズ株式会社
〒731-5101
広島県広島市佐伯区
五月が丘2-8-26

フリーダイアル
0120-50-4649
TEL.082-941-1211
FAX.082-941-1331

広島で 新築・リフォームをするなら旭ホームズへ
TOPへ戻る