本文へ移動

スタッフのつぶやきブログ

スタッフブログ 旭ホームズつぶやきブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

堀込車庫についての注意点

2021-02-09
カテゴリ:現場,設計の事,不動産,中古住宅
今日、佐伯区の現場に敷地調査に行きました。


私たちの会社がある様な山肌を造成して作った団地でしたが敷地には堀込車庫がありました。


この堀込車庫がある敷地は注意が必要になります。堀込車庫がある土地は広島では古い団地によく見かけられますが建築をする時にチェックすべき事が何点かあります。
堀込車庫のある土地を利用して建築する場合の注意点を書きたいと思います。


何点かポイントを絞ってお伝えします。


①造成の時に作られている堀込車庫であるか?
造成の確認の時に安全性を確認して作られた堀込車庫で加工をしていなければ安全性は確認できますが、確認を取らず後から作った堀込車庫は建て替え工事時に安全性の確認を求められる事があります。
古い宅地の場合は造成当時の資料はほぼ無いと思うので後から安全性を確認するのは手間と時間とお金が掛かります。



②建ぺい率のチェック
堀込車庫は建築物と同じ扱いになるので敷地に対する建築面積を問われます。お家を大きく作って堀込車庫の建築面積を考慮していないと建ぺい率オーバーという事もあります。



③解体する場合に崖にならないか?
安全性が確認できないのであれば屋根を取ってしまうという手段もあります。この場合、両サイドの擁壁を残して解体している現場をよく見ます。2m以上の高さがあればがけ条例に掛かる可能性があります。
解体したから問題なしという訳でなく、他の規制が掛かる場合がございます。


④宅地造成工事にならないか?
切土や盛り土をある一定の高さや面積で行うと宅地造成工事になる場合がございます。宅地造成規制区域に入っている土地の場合は安全性を確認したうえで申請が必要になります。申請をすれば問題ありませんが時間やコストが掛かります。



その他にもチェックする点はありますがざっくり上げると以上の様な注意点があります。
建て替え等で堀込車庫がある場合は事前に業者に確認する事をお勧めいたします。


事前にチェックしたうえで建築を進めていければ後から大きなコストが掛かったり、設計変更する事が少なくなりますのでご参考にして下さい。


今日はリノベーション現場の撮影を行いました。

2021-02-08
カテゴリ:現場,リフォーム,リノベーション,性能向上リノベーション,断熱改修,寒くない家
今日は安芸郡で施工した断熱リフォームをした性能向上リノベーションの現場の撮影を行いました。


こちらのお家は古い日本家屋を断熱改修し、間取りを変更した現場です。



暖房は薪ストーブを採用して快適で暖かい空間を実現しました。



こちらの現場は今年の春以降に出版されるリフォーム雑誌に掲載されます。



クライアントの実際の感想と私たちの会社のご提案をヒアリングして頂きましたがどんな内容になるか今から楽しみです。
発売は先になりますがご期待下さい。









床下エアコンを利用した暖房方法について

2021-02-07
カテゴリ:現場,新築,高気密・高断熱,省エネ住宅,寒くない家,床下エアコン
先日、床下エアコンを採用した暖房方法のについてご質問を頂いたのでブログを書こうと思います。


冬の時期に床下エアコンの体感をしたくてモデルハウスに来られる方が多くいらっしゃいます。
寒い冬に効果的な床下エアコンは床暖房とはまた違う、とても快適な室内温度にしてくれますが、間取りやお部屋の間仕切りによって少し温度差が出る事があります。


できる限り効果的に利用して頂く為に、開放的な間取りでご提案しますが、お施主様のご要望によっては細かく区切ったプランにしなければならない時もございます。


そんな時でも暖房の場合は、1階に関しては比較的全体を暖房する事が可能です。
2階は日射を取得したり、換気システムなどをうまく配置して全体を暖める事もある程度は可能ですが、1階ほど暖まらない可能性がある場合に壁掛けエアコンなどを採用して2階全体を暖める方法を検討したりします。


できる限り床下エアコン1台で全館暖房できるように設計を工夫しますが、間取りのご要望により温度差が出そうな場合の暖房の組み合わせについて解説します。



パターン① 1階床下エアコン+2階は壁掛けエアコン
一番多いパターンは床下エアコン+必要な部屋に壁掛けエアコンを1台つけるパターンです。



壁掛けエアコンを連続運転しつつ、共用スペースやドアを開放したりする事で2階のフロアの暖房をするパターンです。



メリットはコストパフォーマンスです。2階のエアコンは市販品でも、持ち込みでも利用可能です。





パターン② 1階床下エアコン+2階エアコンをダクトで各部屋に分配
最近、大きな2世帯住宅で1階フロアはご両親、2階は共働きの若いご夫婦というお家のご相談が増えております。



この場合に、1階の床下エアコンは常時連続運転ですが、2階は場合によっては運転を止めたい場合がありました。
2階は必要な時には運転したいけど、仕事などで不在の時は運転を止めたいご要望です。


完全な2世帯の場合はそれなりに各階のフロアが大きいのでエアコン1台で賄おうとした場合は隅々まで暖気が行きにくい事があります。
そんな時に採用した方式ですが、2階のエアコンはホールなどに設置してダクトで暖房を各部屋に分配するという方式になります。


メリットは各部屋に確実に届ける事ができるのと、換気とエアコンなどを連動して採用する事も可能です。
デメリットはコストが少し高くなります。






パターン③ 1階床下エアコン+2階壁掛けエアコン+ダクトファンで各部屋に分配
続いては、2階のホールなどに壁掛けエアコンを1台取付して天井ダクト式の換気扇を利用して各部屋に分配するやり方でです。



プラン②はエアコンから直接暖房をダクトで送り届ける方法ですが、こちらは一度室内に吹き出した暖かい空気を換気扇で吸い込んで分配するという方法になります。



ホールなどの空間をチャンバーとして利用してその空間の暖まった空気を風量のみで分けて届ける方式になります。



メリットは空気を届ける一般的なダクト式の換気扇を2~3台取付するのみなのでプラン②に比べるとコストダウンできます。
デメリットは一度ホールなどの空間に吹き出した空気を吸い込んで分けるのでホール部分が暖まっていないといけないのと、大きな面積になると対応できない場合もあります。




パターン④ 1階床下エアコン+1階の床下エアコンからダクトで2階に分配
こちらの方式はコンパクトな物件向けの方法です。



1階の床下に吹き出した温風をカウンターアローファンというファンを利用してそのまま2階まで分配する方式です。



熱源はあくまで1階の床下エアコンのみなので2階のエアコンは必要ありません。
コンパクトで開放的な間取りのお家にはコストも抑える事ができてピッタリです。



メリットはコストが抑える事が可能な事です。
デメリットは大きな面積の家になると対応できない可能性があるのと、大きなダクトスペースが必要になる場合がございます。









以上の様に、床下エアコンを採用した暖房の考え方にも色々な方法がございます。



1台で全て暖房できる間取りをまずご提案しますが、打合せのなかでどうしても部屋を区切りたい場合も出てきたり、バックアップの意味で2階にエアコンを入れたい時があります。
そんな時にご提案する方法になります。



床下エアコンを採用しない場合でも活用できる方法ですのでご参考にしてみて下さい。

太陽の位置調べてますか?

2021-02-06
カテゴリ:現場,新築,高気密・高断熱,省エネ住宅,サンルーム,寒くない家,窓の事,パッシブ
ここ最近、敷地の調査のご依頼をたくさん頂いております。


敷地を調査する時は、高さや車の乗り入れ、隣地との関係や法規制など沢山確認する必要がありますがその中で、事前に知っておくととても良いのが太陽の位置を知る事です。


太陽の位置とは日当たりでもありますが、もっと深く考えると日射の遮蔽と取得を事前に調べておくという事になります。


今の冬の時期は太陽の高度が下がり、室内の奥まで光が入ります。
私たちの会社がご提案する高気密高断熱の家になると太陽光もお家を暖める暖房の役割をしてくれます。これは日射熱取得とも言います。


逆に夏の太陽高度は上がります。昼の時間が長くなり、日射はそのまま暑さの原因となり、窓から入る熱は冷房の負荷を上げます。
そんな夏は庇を計画的に配置すると日射の侵入を防ぐ事が可能になります。


事前に敷地の方角や障害物の有無、視線や高低差を知っておくと、この日射をコントロールする事が可能です。



省エネ住宅をご提案している実務者の方なら必須の調査ですが、高気密高断熱だけでパッシブ設計の為の調査をしていない建築会社も多いですよと今日聞きました。


何年も前から当たり前にしてきた事なので特に細かくはご提案していませんでしたが今後はしっかりとお施主様にお伝えしようと感じた一日でした。

アイアン手すりで広がる空間

2021-02-05
佐伯区で建築中の長期優良住宅の2世帯住宅は2階の階段部分にアイアン手すりを採用しています。


アイアンの手すりは開放的に温度や光などを届けてくれるのでとても人気です。
色はブラックかホワイト色でご提案しております。


小さなお子様がいらっしゃる場合はネットが必要になりますが、とてもスタイリッシュで人気の建材です。


階段の手すりとして採用したりもしますので色々な場面で使えるのがアイアンです。


物干しとして造作したアイアンを採用した現場もあります。


既製品とは違う質感の鉄を使って空間を作るととても良いインテリアになります。


施工例をアップしますのでご参考にしてみて下さいね。


アイアンの階段手すり
アイアンの吹き抜け手すり
アイアンで造作した物干し
階段手すりと吹き抜け手すり

Facebookページもご覧下さい!

 
 
旭ホームズ株式会社
〒731-5101
広島県広島市佐伯区
五月が丘2-8-26

フリーダイアル
0120-50-4649
TEL.082-941-1211
FAX.082-941-1331

広島で 新築・リフォームをするなら旭ホームズへ
TOPへ戻る