本文へ移動

スタッフのつぶやきブログ

スタッフブログ 旭ホームズつぶやきブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

地盤塾に参加しました。

2021-07-27
カテゴリ:現場,つぶやき,名藤,お客様のこと
今日は今年広島開催されている地盤塾へ参加しました。


前回は新型コロナウィルス感染拡大の影響で開催が危ぶまれましたが少人数で開催され私も参加しました。


現在のところ皆勤賞です。


本日は地盤の補強方法についての学習でした。


今まで色々な補強方法で地盤補強を行ってきましたが、毎回しっかりと補強方法を選定ながら安全側になる様に検討してきました。


本日お話を聞いて改めて私たちがご提案していた補強に関しては間違っていなかったと感じました。


今だから言えるお話ですが、以前新規造成宅地で地中の埋設物が疑われる現場がありました。


調査も各ポイントで明らかに異常な値が出ており、調査時点で地中に何かあると確信しました。


土地からの購入でしたので仲介の会社さんを通じて売り主の業者さんにご連絡し、試掘をこちらで行う旨を伝えました。


試掘当日、仲介業者、売り主共に現場には来ず、私と調査会社の担当者、保証会社の担当者さんで土地の試掘を行いました。


そうすると土地の中から大きな石や木の根、腐植土など普通には埋めてはいけない物が沢山出てきました。


その土地は擁壁の高さが3m程度ありましたが埋まっていた石は2m級の巨岩で明らかに埋めている形跡がありました。


実は土木課出身の私は事前に擁壁の県の施工要領を確認して、30㎝ごとの巻き出しという締固めが必要な事を知っていたのですが、3mの擁壁の近くで2mの石が埋まっているという事は明らかに転圧せずに埋めている状況でした。


お施主様にも事情を説明し、売り主さんの会社に行き、仲介業者、造成を担当した土木会社に囲まれて地中埋設物の撤去をお願いしました。


断ったら損害賠償請求になりますともお伝えして購入したお施主様の代わりに説得に行った事があります。


売り主の答えは撤去するという事で後日地中の埋設した石は全て撤去し、新たに土を入れ替えて30㎝ごとに転圧して正常な状況にして頂きました。


それでも新規盛り土なので鋼管杭による補強は行いました。


私の中の地盤にまつわる強烈な思い出です。


正直、瑕疵レベルのお話でなく知っていてやっているレベルなので悪質でした。お施主様の大切な地盤を守る気持ちを強くさせて頂いた一件です。


地盤塾はまだ今年中続きます。現場でのオンジョブトレーニングも今後あります。


見えない地中だからこそ、しっかりと学んでお客様に不安の無い様にご説明したいと思います。

オンラインでのご相談増えています。

2021-07-26
カテゴリ:つぶやき,会社の事,お客様のこと,工務店
最近はオンラインでのご相談が増えております。


先日の県外からのお客様とオンラインでお打合せさせて頂きました。


また、このたびご実家の建て替えをするにあたって広島から離れた場所でお仕事されているご家族と、ご実家のご両親とをつないでお打合せをさせて頂いたお客様とご契約の運びとなりました。


オンラインでのお打合せは職能としてのスキルもありますが、やはり大切なのは相手がどの様に感じられているか感じ取る力や、しっかりと聴く力、またビジュアルやしっかりとした表現、例えでお打合せする事が大切だと感じています。


リアル営業のプッシュ営業とは違う力が試されています。


コロナ禍ですぐには以前の様な仕事のスタイルには変わらないと思います。


元々どちからかというと聞き手の私たちの会社からするとそこまで大きな影響はありませんが、営業スタイルの変化を求められている方も少なくないと思います。


オンラインでも丁寧に、しっかりと情報をお伝えして信頼して頂けるように努力したいと思います。

大きなTVでオリンピック観戦

2021-07-25
カテゴリ:現場,つぶやき,名藤,設計の事,お客様のこと
オリンピックが開幕し、各競技で熱戦が繰り広げられていますね。


テレビを見ながら感じたのですが、映像がとても綺麗で臨場感が伝わりますね。


とは言っても我が家のテレビは古いTVなのでそこまで伝わらないのですが、ここ最近のお客様宅のテレビはとても大きい上に壁付けなのでコンパクトで画質や音もとても良いものばかりです。


昔と違ってテレビもスマホやタブレットと同じ端末の一つのデバイスになってきていますが、こういったスポーツの中継の時にはテレビの臨場感はすごいなと思います。


上の1枚目の写真で掲載しているお客様宅ではサンフレッチェの大ファンのお客様のご要望で60インチの海外製の壁付けテレビを取付しました。


ちょうどラグビーワールドカップの時にお引き渡しでしたのでラグビーの試合を見るとパブリックビューイングかと思わせるくらい大画面で迫力満点でした。


2枚の写真は最近完成した五日市のお家です。こちらも大きな壁付けテレビです。


大型化しているTVは設置場所ひとつでお家のデザインにもなりますし、最初から計画していないと昔のブラウン管のTVの置き場所の様になっている施工例を見ます。


Iotで家電が色々なデバイスと連携する現在、TVという端末をどの様に配置するかでお家の便利さも変わってきそうな時代です。


以前、4年に一度のオリンピックの年にTVが良く売れると聞いた事があります。今でもお家の中では重要性の高い家電ですのでしっかりと配置計画をしないといけないなと感じた一日でした。



廿日市市で新しい家づくりが始まります。

2021-07-24
カテゴリ:広島,新築,つぶやき,名藤,高気密・高断熱,長期優良住宅,会社の事,旭ホームズ,サンルーム,寒くない家,断熱性能の事,パッシブ,気密測定,床下エアコン,お客様のこと,工務店
廿日市市で新しい家づくりが始まります。


2現場ありますがどちらも長期優良住宅の認定を取得した高性能住宅になります。


コロナ禍でなかなかお会いしてお打ち合わせできない中、オンラインのお打合せを利用しながらご要望をプランに落とし込み、イメージをお伝えしてお打ち合わせを進めて参りました。


今では当たり前になっておりますが、昨年の感染拡大の状況の中では手探りの状態で本当にお客様にお伝えできているのだろうかと悩みながらご提案しておりました。


その様な時から私たちの会社の家づくりを信頼して頂き、粘り強くお打合せをして頂いたお客様には感謝しかありません。


しっかりと仕事でお返しして、満足度と資産価値の高いお家を作る事が私たちの使命になります。


最近では県外のお客様からのお問合せも多くなり、オンラインでのお打合せがとても役立っております。


私たちがお伝えしたい事が遠く離れたお客様にも顔を見ながらお伝えできる事に当初は手探りだった事が少しづつ伝わる様になってきたのだと思います。


コロナで建築業界では大きな変革が起きておりますが、旧態依然とした過去の悪習は捨て、本当にお客様に役立てる事は何かを突き詰める時代になったと思います。


リアルでもオンラインでも私たちの家づくりがしっかりと伝わる様にこれからも勉強していきたいと思います。

木でできたオリンピックマークと大工

2021-07-23
カテゴリ:つぶやき,名藤,工務店
東京オリンピック開会式が始まりました。


開幕までに道のりが長かった事もあり開会式はとても感動しました。


新型コロナウィルスの影響でどの様な形の開会式になるのか気になっていましたが日本らしさを感じる部分が沢山ありましたね。


私は何と言っても木でできたオリンピックマークと大工の登場にビックリしました。


木でできた五輪マークは1964年の前回の東京オリンピックの時に各国選手団が持ちよった種から育てた木の間伐材が使われているとの事です。


そして大工の登場です。


木を刻んだり、削ったりしながら五輪マークを掲げた時は感動しました。


国立競技場も国産材を沢山使用している建築物です。今回のオリンピックは持続可能性や環境配慮と言った点で循環する資源を活用したオリンピックだと思います。


作っただけで終わらずに手を加え、手直しし、廃棄する時も環境に影響を出さない事が大切だという事を感じます。


これは木造の建物の良い所です。


オリンピックの開会式を通じて循環型社会の中心に木材の循環があると感じた一日でした。

Facebookページもご覧下さい!

 
 
旭ホームズ株式会社
〒731-5101
広島県広島市佐伯区
五月が丘2-8-26

フリーダイアル
0120-50-4649
TEL.082-941-1211
FAX.082-941-1331

広島で 新築・リフォームをするなら旭ホームズへ
TOPへ戻る