本文へ移動

スタッフ日替わりつぶやき

スタッフブログ 日替わりつぶやき

あけましておめでとうございます。

2020-01-06
カテゴリ:広島,新築,名藤,高気密・高断熱,認定低炭素,省エネ住宅,会社の事,寒くない家,断熱性能の事
あけましておめでとうございます。名藤です。
 
 
旭ホームズは本日が仕事初めです。朝一に社員で速谷神社に行き初詣を行い今年一年の安全を祈願しました。
 
 
昨年は年末ギリギリまでお見積もり提出やお打合せ、ご提案がありました。小さな工務店にお問合せ頂き、期待してご提案を待って頂ける事は本当に幸せな事だと思いました。
今年も信用、信頼第一でご提案して行こうと心に誓いました。
 
 
ところで、今日のYahooニュースのトップページにこんな記事がありました。
 
 
 
 
 
暖かいお家に住むという事は快適である事はもちろんですが、血圧低下や体調改善、疾病のリスクも減るというデータがあります。
私たちの会社も所属しているレモンの家の会のホームページに分かりやすく解説があるのでリンクを貼っておきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今から建てるお家であれば普通に暖かいお家になると思っている方もいると思いますが、実際は建物性能を事前に確認しておかなければ省エネルギーに室温がキープできるお家になるかは分かりません。
燃費が悪く、光熱費を無駄にかけても良ければ話は別ですが、住宅ローンの支払いや今後の生活に関わるコストを考慮するとそんな事はできません。
 
 
 
 
また光熱費に関して言えば地政学的リスクによってエネルギーを輸入に頼っている日本ではエネルギー価格上昇のリスクの方が圧倒的に大きいと思われます。
今のアメリカとイランの関係がまさにその状況です。事実、原油価格はアメリカとイランの対立激化で値上がりをしています。
 
 
年末のご提案したお客様の中で建築コストの差が他社さんとあり、光熱費の燃費についてお話させて頂きました。
 
 
その中で健康的なメリットとは別に光熱費に関する紛争などのリスクもタイムリーにお話しさせて頂きました。実際にこの様な事があるとは思っていませんでしたが起こってしまいました。年末にご提案させて頂いたお客様がこのブログを見て頂いているかは分かりませんがご説明していた事が実際に起こっている状況です。高性能で低燃費な家づくりがどれだけ大切か気付いて頂けると嬉しいです。
 
 
あと、今年に入り新しい家づくりが動き出しますのでご紹介します。
 
 
 
 
を現在進行中にアップしました。
 
 
こちらのお家ももちろん高断熱住宅で床下冷暖房システムを採用したお家です。
認定低炭素住宅の認定を取得して贈与税の非課税枠などもうまく活用します。これから工事が進んでいきますのでぜひご覧になって下さい。
 
 
今年一年も真摯に高性能なお家の新築、リノベーションをご提案し、OB様のメンテナンスやお困り事を解決できる仕事をしていきたいと思います。
今年もよろしくお願いいたします。
旭ホームズ株式会社
〒731-5101
広島県広島市佐伯区
五月が丘2-8-26

フリーダイアル
0120-50-4649
TEL.082-941-1211
FAX.082-941-1331

広島で 新築・リフォームをするなら旭ホームズへ
TOPへ戻る