本文へ移動

自社で行う気密測定

気密測定とは?

    気密測定の様子
次世代省エネルギー基準ってなに?           

平成11年3月に告示された『次世代省エネ基準』は住まいの省エネルギー性を高めるための基準です。

これは、『快適さ』・『健康的』・『省エネルギー』・『耐震性』の4つのキーワードで表される質の高い住まいを建てることが主な目的となっています。



『あなたの家の気密性能はいくら?』


高気密・高断熱の家とよく言われますが、どの程度の数値が本当に必要なのでしょうか?

次世代省エネ基準では       
−広島市の場合ー
       

◎気密性能C値=5.0c㎡/㎡  以下
◎断熱性能Q値=2.7w/kcal 以下  
 

『旭ホームズの省エネに対する考え方』

高断熱を重視して過剰に断熱材を施工することよりも広島県に合った、またお施主様の住まわれる地域に合った断熱材をきっちりとした施工をすることによって建物の気密性能を上げることが大切だと旭ホームズでは考えています。

気密性能が低い家には外気が入りエネルギーロスが多く、断熱材の性能を100%発揮できないと私達は考えています。

隙間の多い家が寒かったり、暑かったり、外部の影響を受けやすいのは当然ですよね。


どんなに良い断熱材を入れても隙間だらけの施工では断熱効果はサッパリ無く内部結露を起こし柱や土台を腐蝕させてしまいます。



『気密性能=気密住宅』


断熱性能(Ua値、Q値)は家を建てる前でも計算で出ますが、
気密性能(C値)は家が完成し気密測定器で1軒づつ測定をしなければ算出できません。

旭ホームズは自社で気密測定器を所有しており完成時に公式測定している広島県では数少ない工務店です。

現在は、新築住宅の完成時にお施主様立会いのもと全棟気密測定を行っております。自信を持って施工しているからこそ気密測定をお施主様立会いで出来るのです。





気密測定登録番号
−登録番号0700-115 財団法人 建築環境・省エネルギー機構−

※現在 桑原工事部長、村上営業部長、名藤営業課長が公式測定のできる気密測定士として他社工務店様の測定も行っております。


『家づくりの提案』

広島県広島市は全国的にみても瀬戸内海の比較的温暖な地域だといえます。

この地域では必要以上の高価で高性能の断熱材にお金をかけるより気密性能を上げることをご提案します。

旭ホームズではお客様から一切の費用をいただかず、独自の手法で気密性能(C値)を2.0c㎡/㎡以下の家づくりをしています。

省エネ基準 広島県Ⅳ地域 5.0c㎡/㎡以下ですので2.5倍の気密住宅になります。

気密性が優れた家は少しの冷暖房費で快適な住まいが出来る省エネルギー住宅なのです。
 

最新の注文住宅施工例

旭ホームズ株式会社
〒731-5101
広島県広島市佐伯区
五月が丘2-8-26

フリーダイアル
0120-50-4649
TEL.082-941-1211
FAX.082-941-1331

広島で 新築・リフォームをするなら旭ホームズへ
TOPへ戻る