家づくりQ&A|広島で新築、リフォームをしている旭ホームズ

 

家づくりQ&A

 

メンテナンス・保証について

メンテナンス・保証について
 
住宅の保険って何ですか?
 A. 新築住宅には瑕疵(かし)担保責任保険という制度があります。瑕疵とは通常一般的に備わっていて当然の本来あるべき機能・品質・性能・状態が備わっていない事を指します。住宅については隠れた欠陥とも言われ、通常住宅に本来有するべき性能や品質を有しない場合に使われる言葉です。隠れたというのは通常の注意を払っても発見できない事を意味し、善意無過失であるのに生じてしまった事を意味します。しかしこうした事例があっても建設業者に支払い能力が無かったり、既に倒産したりしていた場合、買主は補修する為に自己資金を負担する事を強いられます。そこでこの様な買主を作らないために法律が作られました。この法律では新築住宅を供給する施工業者は柱や屋根、基礎、開口部の雨漏りといった基本構造に欠陥が見つかった場合の10年間の瑕疵担保責任を果たす為に必要な資力を予め供託金を積み立てるか、保険に加入する方法のいずれかで担保する事を義務付けられています。保険に加入している場合、買主は業者が倒産したり、支払い能力不足を理由に補修を拒否した場合には基本構造部分や雨漏りに関する工事に関して保険金の支払いを受ける事ができます。
 
保険制度によって実際に居住される買主はしっかりと守られることになります。また建設業者は保険制度が求める性能を担保する為に検査を受け施工段階から品質を確保する事ができます。
 
地盤の保証って何ですか?
 A. 地盤保証とは建築する建物が建つ土地に対して地盤会社や保証会社などが対象となる住宅の購入者や住宅の建設業者に対して保証書に基づく責任の範囲内で建物及び地盤の修復工事を保証する制度です。
保証の為には実際に敷地を調査します。調査によって建物の荷重によって沈下する層が分かったり、調査方法によっては細かな土質を調べる事ができます。調査結果によって地盤補強工事をして保証をしたり、補強の必要がない場合は補強工事無しで保証します。保証期間は基本は10年間ですがオプションで20年に延長する事も可能です。
 
メンテナンスに関して教えて下さい。
A.新築工事、リフォーム工事を行った後のメンテナンスは大変大切な建築業者の仕事の一つです。よく聞く駄目な業者の一例としてメンテナンスの対応が悪いと言うお話を良く聞きます。実際に手直しやメンテナンスは営業マンにとっては時間を取られてしまい、手が回らないのでしっかりアフターフォローできていないというお話は良くある事だと思います。しっかりとしたメンテナンス対応、体制、仕組み を持っていないとタイムリーな対応は難しいと考えます。
私達の会社では毎年2回メンテナンスハガキという無料の往復ハガキをお送りし、メンテナンスのご要望を頂いた方にはメンテナンスをさせて頂いております。往復ハガキという部分がポイントで用も無いのにしつこくお伺いしたり、予定が合わないのに伺ったりする事が無いようにする為の方法として10年以上続けている一斉メンテナンスのご案内です。
おかげ様で毎年のメンテナンスを含めた工事件数は200件程度関わらせて頂いております。費用を頂かずに対応している工事も含めると年間300件程度のご対応をしております。その為、私達の会社では全員メンテナンス対応ができる様に技術を身に付けています。メンテナンスは大切な顧客接点だと捉えております。
 
 
建築後にメンテナンスはどんな事をしたら良いですか?
 A.建築後に掛かるメンテナンス費用として良く聞かれる事で多いのが外壁と屋根のメンテナンスについてです。
外壁の塗装は仕上げにもよりますが10年から15年程度で外壁塗装したりします。その時に足場を組むので合わせて屋根の塗装メンテナンス等もされる方が多いです。
外部の塗装工事は足場代も含めて費用としてはそれなりに大きなコストになります。
ある程度の大きなメンテナンス費用を考慮した住宅のライフサイクルを考えておく必要があります
また、新築工事の時にお話する中で、メンテナンスし易い仕上げをご提案したり、塗り替えの期間が長くできる高耐久は材料をご提案したりしております。設計においても軒を確保したり、上下で仕上げを変えたりして建築後の大きなメンテナンスに掛かる費用を少しでも抑えたり、耐久性が上がる工夫を差し上げております。
<<旭ホームズ 株式会社>> 〒731-5101 広島県広島市佐伯区五月が丘2-8-26 TEL:082-941-1211 FAX:082-941-1331