本文へ移動

優しい木の住まい K様邸

優しい木の住まい インスペクションを行い断熱・耐震改修など性能向上リノベーションを行ったお家

広島市内にある住宅団地の一角。この住まいはK様のご主人が子どもの頃に両親が建てた家で、築34年。
 
ご主人は結婚後もこの家に住み続け、現在両親は交通の便のいいマンションへ引っ越しをしている。子供たち達の成長と家の老朽化に伴い、リノベーションを行うことになった。この時、家を建て直すという案もあったが、ご主人が育ったこの家に愛着を持ち、動線や日当たりの良さなどを気に入っていたため『できるだけ現状の形を残したい』という結論に至った。
 
34年経った家の主な問題点は冬の寒さと夏の暑さ、和室の続き間などあまり使う機会のない間取りなど。外壁も少し傷んでいた。そして一番気になっていたのは目に見えない老朽化だ。
 
リノベーションを依頼したのは旭ホームズ。工事に入る前、旭ホームズは基礎、床下、小屋裏、耐震性、外回りなどのホームインスペクションを実施。その結果基礎はしっかりしていたが、やはりバスルームなどの水回りには傷みがあり、外壁にもクラックが見られた。その情報をK様にも共有し、耐震性や断熱性を改善し、機能性などの住宅性能をアップするためのフルリノベーションプランを立てた。以前の家は、独立したキッチンで奥様が一人で炊事をし、食事のたびに作った料理をダイニングまで運ぶという不便さがあった。また家の中で一番日当たりのいい和室の続き間が、実はあまり使われていなかったことなどが間取りの問題点だった。バスルームのタイルも剥がれた部分もあったよう。
 
『この部屋は日当たりがいい』『この窓を開けるとよく風が通る』と34年間この家に住んでいるご主人は、この家の良さを最も知り尽くしている人物。その確かな情報源によって、間取りが考えられた。日当たりのいい和室の続き間を、家族がいつも集まるLDKに。奥様の一番の悩みだったキッチンをこの気持ちのいい場所に移し、2列型にすることによって機能的で使いやすい場所に生まれ変わった。このLDKの窓の外には、以前からあった濡れ縁をやり替えてルーフを設け、四季折々の自然を楽しむ空間に。また朝の支度で混み合っていた洗面台は脱衣室から離すことで、家族にストレスのない動線を得ることができた。2階の2部屋は2人の子ども部屋に。それによってご夫婦は1階で平屋のような暮らし方に。これは思っていた以上の快適で、共働きの奥様も家事が一気にラクになったそう。
 
『長く住んでいた家をリノベーションすることのメリットは、たくさんあります』と話すのは旭ホームズ末岡さん。
『通勤や通学のリズム、そして隣近所や自治体との関りがかわらないこと。またその家や土地の良さを一番良く知っているからこそ、その家の良さを生かせる。だから理想通りの住まいとなります』とホームインスペクションの必要性とリノベーションの大切さを話していた。
【原文のまま掲載しております】
 
こちらのK邸の記事をバックナンバーでご覧になれます。
 
施工例写真はこちらからご覧下さい。
 

優しい木の住まいバックナンバー

インスペクションを行い断熱・耐震改修など性能向上リノベーションを行ったお家

お問い合わせ・イベント情報はこちら!!

旭ホームズ株式会社
〒731-5101
広島県広島市佐伯区
五月が丘2-8-26

フリーダイアル
0120-50-4649
TEL.082-941-1211
FAX.082-941-1331

広島で 新築・リフォームをするなら旭ホームズへ
TOPへ戻る