本文へ移動

スタッフのつぶやきブログ

スタッフブログ 旭ホームズつぶやきブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

エコポイントや補助金の動向

2015-01-14
名藤です


年末の閣議決定を受けて住宅エコポイントが復活します。

緊急経済対策の一環で期間も短い補助制度ですが断熱リフォームや断熱性の高い新築住宅を建築する方にはメリットとなります。

合わせて金利の変わらない住宅ローンであるフラットの金利優遇もあり、過去最低の金利と合わせてものすごい低金利の住宅ローンを受けられます。

また、来年度の予算の予定で今年度のゼロエネ住宅の補助金と地域型ブランド化事業を合わせた補助金が予定されています。
金額も大きいのですがそれなりの性能、設備が必要となります。

補助金はとてもありがたい制度ですがしっかりと理解をして金額UP部分と時期などを確認する事も必要です。

新しい補助金制度などで分からない事がありましたら当社にご相談下さいね(^o^)

廿日市の現場

2015-01-08
年末に棟上げをした現場です。
中間検査に向けて金物・筋交・耐力面材等を施工しています。

あけましておめでとうございます(^o^)

2015-01-07
名藤です(^o^)


あけましておめでとうございます(^o^)


皆様、年末年始はゆっくり過ごされましたか?


私はどこにも行かず家族とのんびり過ごさせて頂きました^_^


しっかり食べてしっかり飲んで年末年始を満喫しました(^_^)


昨日から仕事始めでしたが充電満タンで今年も頑張っていきます(^o^)


本年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

五日市の現場

2014-12-25
基礎工事完了しました。
 
1月中旬に上棟予定です。

熱を画像で見るとこうなります。

2014-12-24
 名藤です。
 
最近、FLIR ONEというiphone5、5Sに装着可能なサーモカメラを会社で購入しました。
 
嬉しげに色んな現場の写真を撮っては考察しています。
 
先日お引渡しした安佐北区のお家で撮影した写真(一番左)ではお家全体が黄色い色になり、全館で暖房している状況がよく分かりました。また断熱を考慮していないお家は窓近辺の温度が下がる傾向が強く、その影響で結露する事が多いのですが、安佐北区のお家は樹脂サッシを使っている事もあり一番冷たい下枠付近でもある程度の温度(13.6℃)をキープしていました。もう少し温度が上がるとベストですがここは改善の余地だと思います。
 
断熱化が出来ていない家の例として撮影した写真(真ん中)では窓付近の温度が3.3℃と外気との差が少なくなっています。
例えば室温20℃で室内の湿度が50%であれば9℃で露点温度に達して結露がおきます。
こちらのお家では3.3℃なのでもちろん下枠付近では結露が起こっていました。
ちなみにこちらのお家は断熱性があると思われているペアガラスの窓です。詳しく言うと樹脂アングルタイプの窓でメーカーさんでは一番売れ筋の商品だと思います。
 
続いて窓の断熱改修で2重サッシを取り付けしたお家の窓の下枠付近の温度は11.3℃でした。先ほどの未改修のお家と比べると大分温度の底上げが出来ている事がわかります。露点温度に達していない為、こちらのお家は結露で悩んでいた事が嘘のように全く結露しなくなったそうです。
 
この様に温度を画像で見ると説得力が違います。旭ホームズでは省エネ住宅、断熱改修、窓の性能向上の重要性をお客様によくご説明しますが温度の改善や断熱のメリットは言葉だけでは伝わりにくいものです。これから色んなデータを取って今後のご提案に生かして生きたいです。
 
以上、名藤でした!!
 

Facebookページもご覧下さい!

 
 
旭ホームズ株式会社
〒731-5101
広島県広島市佐伯区
五月が丘2-8-26

フリーダイアル
0120-50-4649
TEL.082-941-1211
FAX.082-941-1331

広島で 新築・リフォームをするなら旭ホームズへ
TOPへ戻る