本文へ移動

スタッフ日替わりつぶやき

スタッフブログ 日替わりつぶやき

広島市佐伯区で耐震、断熱、劣化対策を行った中古住宅性能向上リノベーションの物件で完成内覧会を行います。

2019-11-11
カテゴリ:広島,現場,リフォーム,リノベーション,名藤,性能向上リノベーション,耐震改修,断熱改修,寒くない家,断熱性能の事,不動産,中古住宅
オススメチェック
かなりお久しぶりです。名藤です。
 
ここ数か月、新築、リフォーム問わず沢山のお問合せを頂いておりなかなかブログを書くという事が出来ておりませんでした。反省です。
 
以前からブログでご報告していた佐伯区の性能向上リノベーションの物件がこの度完成し、完成現場内覧会を行う事になりました。
 
 
 
 
 
 
性能向上リノベーションとはなんぞやという事で簡単にご説明すると、
新築時から年数の経過したお家の問題点である『断熱性能(省エネ性能)』、『耐震性能』、『耐久性』などを現行の一般的な住宅性能レベル以上の性能にアップさせるリノベーションの事を性能向上リノベーションと言います。
 
性能向上による良質なストック住宅の活用や既存住宅の資産価値向上にもなります。
 
 
また中古住宅購入前には既存住宅瑕疵保険の検査インスペクションも受けて中古住宅購入前のお客様の不安も取り除きながら工事を進めてきました。
 
こちらのお家がどれくらい性能向上したか計算もしているのでちょっとマニアックですがちゃんと性能値も出します。

 

 

【耐震性能】

一般財団法人 日本建築防災協会 木造住宅の耐震診断と補強方法 一般診断法による診断

上部構造評点

BEFORE 0.78(倒壊する可能性が高い)

AFTER  1.40(一応倒壊しない)

 

 

【断熱性能】

平成28年基準で試算

BEFORE

外皮平均熱貫流率 Ua値=1.23(NG)

冷房期の平均日射熱取得率 ηAc値=3.0(NG)

暖房期の平均日射熱取得率 ηAH値=5.2

AFTER

外皮平均熱貫流率 Ua値=0.50(OK)

冷房期の平均日射熱取得率 ηAc値=1.6(OK)

暖房期の平均日射熱取得率 ηAH値=2.9

 

 

なんのこっちゃ?と思われるかもしれませんが事前の設計段階で性能値を計画して建築コストと性能のバランスを取って設計しました。

若いお施主様が依頼主ですが、今後35年間払っていく住宅ローンや光熱費、安全性などを考慮すると事前に計画しておく事で中古住宅購入の不安が少なくなると思い計算しました。
 
 
現場の写真をBEFORE→AFTERで少しお見せします。
実際の現場に来ると高性能なリノベーションの空気感が味わえます。
また当日現地に私もおりますので何かご質問があればお答えさせて頂きます。
ぜひこの機会に性能向上リノベーションをした建物をご体感下さい。
 
 
 
 
 
 
BEFORE
AFTER ※外構工事途中です。
BEFORE
AFTER
BEFORE
AFTER
BEFORE
AFTER
旭ホームズ株式会社
〒731-5101
広島県広島市佐伯区
五月が丘2-8-26

フリーダイアル
0120-50-4649
TEL.082-941-1211
FAX.082-941-1331

広島で 新築・リフォームをするなら旭ホームズへ
TOPへ戻る