素の家の考え方|広島で新築、リフォームをするなら旭ホームズへ

 
   
長期優良住宅
 
旭ホームズではお客様に長期優良住宅での建築を 提案しております。
 
長期にわたり良好な状態で住宅を使用するために必要な措置を講じた長期優良住宅はお家を大切な資産として長く住み継いでいく事が可能です。
 
 
耐震性、省エネ性、耐久性、維持管理などの性能を担保し、住宅の引渡し後も定期的な維持保全や検査の履歴をのこしていきます。
 
『素の家』の考え方はご家族の構成や年齢、住まい方に応じて変化に対応し、ご家族の安らぎの場所であるお家が長く、安心・安全に暮らしていける空間をご提供する事が基本の考え方です。
 
長期優良住宅はそんな素の家の考え方にピッタリな住宅をご提供する事ができます。
 
 
パッシブ設計
 
パッシブという言葉をご存知ですか?
 
受動的なという意味ですが、住宅におけるパッシブとは立地に応じた設計により、積極的に周辺の自然環境を取り入れる事を言います。
 
具体的には断熱を強化し冬の日射や風、光を取り入れ、快適で健康な住宅環境を作る設計手法の事を差します。土地の立地は地域によって千差万別で同じものはありません。
 
その土地が持つ自然の力を利用してより省エネルギーで快適な住宅に住みたいと思いませんか?
 
パッシブ設計には大切なポイントがあり、細かなシュミレーションが必要です。
 
昔、吉田兼好が『夏をむねとすべし』と語りましたが、現在は『夏も冬もむねとすべし』の時代です。無理の無い健康的で快適な生活をパッシブ設計ではご提案できます。
 
私たちの建てる素の家では一軒一軒、土地の状況を見極めながら自然と向き合い、環境に素直に設計するパッシブ設計を心がけています。
 
 
低炭素の循環型住宅
 
 低炭素の循環型住宅
 

震災以降、日本のエネルギーや電力に関して様々な議論がされています。また、環境負荷が少なく、CO2の排出量が少ないと言われていた原子力発電は福島の事故により全国で停止しています。

 

しかし環境の変化は著しく、温暖化の影響と思われる災害は毎年起きているのが現状です。何か私たちの住宅産業ができる事が無いのかと考え、素の家ではCO2を循環し、少ないエネルギーで快適な建物を作る事を基本として考えています。

 

具体的には地域の木材を使用し輸送に伴うCO2を削減する、省エネルギー性能をを上げて住宅に使うエネルギーを削減する、バイオマス、太陽熱など循環可能なエネルギーを住宅のエネルギーに使用する事などです。低炭素社会はこれからの環境に対する考え方の基本となります。

 

素の家はそれを実現できる住宅です。

 
 
シンプルで心地良いデザイン
住宅の様式はたくさんあります。
 
流行に乗った住宅はその時々で受け入れられ、建売住宅を中心に大量に同じデザインの家が作られてきました。
 
素の家では流行に乗る事も大切ですが長く、年月を重ねても受け入れられるデザインの家にしたいと考え設計しています。素とは奇をてらず、そのものが持つ美しさを取り入れようと言う考えです。
 
素の家では住宅のもつそのままの美しさを考え設計に取り入れるというコンセプトを前提としています。
 

その他のこだわりはこちら!

その他のこだわりはこちら!
 
     
     
 

施工例はこちら

施工例はこちら
   
 

お問い合わせはこちら!

お問い合わせはこちら!
   
<<旭ホームズ 株式会社>> 〒731-5101 広島県広島市佐伯区五月が丘2-8-26 TEL:082-941-1211 FAX:082-941-1331