スタッフブログ|広島で新築、リフォームをしている旭ホームズ

 

スタッフ日替わりつぶやき

 

スタッフブログ 日替わりつぶやき

スタッフブログ 日替わりつぶやき
フォーム
 
セミナーにいって感じた事を書きます。
2014-07-16
いつもブログを見て頂き、ありがとうございます!! 
広島で新築、リフォームのお仕事をさせて頂いている旭ホームズの名藤です
 
 
今週は先日行った2つのセミナーについて書かせて頂きます。
 
 
先日のブログでも末岡がご報告しておりましたが7/11にYKKさんのセミナーに行って来ました。
 
 
で、当たったんです
 
 
ダイソンの扇風機
 
 
 
持ってますね。私。
 
 
 
写真は満面の笑みを浮かべる私と当たった時の写真を同じエアブレス会の松川建設、松川社長が撮って頂いた写真です
 
 
 
 
自慢はそのくらいにして、肝心の内容です。
 
 
 
今回のセミナーはYKKapさん主催のAPWフォーラムというイベントでした。
 
 
 
広島会場の登壇者はパッシブハウスジャパン代表理事の森みわさんでした。
 
 
 
当社もパッシブデザインを設計の基本理念としておりますが、森さんが設計されるのは世界基準のパッシブハウスと呼ばれる性能の超がつく高性能住宅です。
 
 
 
簡単なご説明は下記の90秒動画でご覧下さい↓
 
 
 
 
 ショートセミナーを含めて3回目のセミナーでしたが、毎回沢山の気付きを頂けます。
 
 
世界と日本の住宅性能の差、エネルギー政策の差、はたまた安全保障の考えの差、健康への考え方の差まで感じます。
 
 
 
日本の省エネやエコロジーは経済性が伴わないと採用される可能性が少なくなります。
 
 
簡単に言えば儲かればするが儲からなければしない。という事です。
 
 
 
そんな考えが電気仕掛けのスマートハウスを産み、太陽光発電搭載=省エネ建築みたいな安易な考えになってしまっています。
 
 
 
まずは基本性能である断熱性、日射遮蔽、冷暖房、給湯、照明、家電、換気などの性能をコストの許す限り上げてから最後に創エネ設備を載せる事が大切です。
 
 
 
ドイツで建築の経験のある方が日本の住宅を見て『頭に高性能な帽子をかぶって、体は真っ裸』と言われていました。まさにその様な省エネの間違った考え方が実務者である設計者、施工者にあるのも事実です。
 
 
 
当社でもその間違いに気付いたのはそんなに昔ではないのです。
 
 
 
ますます省エネ建築、パッシブデザインに目覚めたセミナーでした。
 
 
 
 
続いて今週14日に自立循環型住宅研究会広島県支部主催で開催された温熱リノベセミナーに岡崎君と行きました。
 
 
 
 
こちらのセミナーの登壇者は、住まいと環境社代表でFoward to 1985 Energy lifeの言いだしっぺ 野池政宏さんの公演でした。
 
 
 
 
 
こちらは改修目線のセミナーで省エネの考えにウェイトを置いたリノベーション、リフォームをどの様な考え方で行うかを丸一日かけて勉強するセミナーでした。
 
 
 
 
新築の供給戸数が減っていく時代の中で、既存住宅の重要性が上がっています。
 
 
 
しかし、ひとえに既存住宅の改修、リフォーム、リノベーションと言っても見た目を良くする、間取りを変える、設備を更新する、違う価値を与えるなど沢山の考え方が存在します。
 
 
 
その時にこんな考え方もあると思います。
 
 
 
お家性能を上げる改修、リフォーム、リノベーションです。
 
 
 
かっこよくなっても『寒い、暑い、危険』では本当の意味での価値は与える事ができません。
 
 
 
今回のセミナーでは中々スポットの当たらない性能部分にスポットを当てた、専門的な内容が沢山詰まっていました。
 
 
 
一つ例を上げますと、
 
『1階LDKを断熱改修した時にBEFOREとAFTERでこれぐらい温度差が出来てAFTERの方が快適になり、ヒートショックの危険性が少なくなります。そして暖冷房費がこれぐらい下がります。』
 
 
 
と言ったアプローチができる実務者を育成するセミナーです。
費用と性能、コストのアプローチから改修、リフォーム、リノベーションを考える実務者になれます。
 
 
もちろん、構造や設備の専門性があってこその知識です。
 
 
 
当社もその様なお問い合わせが増えてきており、実際に耐震補強+断熱改修の大型リフォームは年を追うごとに増えています。
 
 
 
こちらのセミナーでもまだまだ勉強が必要だと気付かせて頂きました。
 
 
 
今後の旭ホームズは性能と省エネ、コストの面で大きく変わりますよ
 
 
 
詳細はこれから社内で検討します
 
 
 
 
以上名藤がセミナーのご報告させて頂きましたっ
 
地域ブランド型長期優良住宅が今期2棟目の上棟です
2014-07-14
6月から始まった弊社の第31期ですが、早くも安芸郡海田町で2棟目の上棟が12日(土)に行われました。(今月は2棟目になります。)
この家はH25年度地域ブランド型長期優良住宅もみじの家(スガノ様ブランド)になります。
H26年度地域ブランド型長期優良住宅もみじの家(スガノ様ブランド)も現在弊社では3棟程候補が挙がっていまして、与えられました年間5棟の枠をあっという間に使い果たす勢いです。
本年度で地域ブランド型長期優良住宅の100万円の補助金事業は最後と言われております中、折角のチャンスです。
今でしたらH26年度の事業に間に合いますので、ご検討されておられる方はお急ぎを!
以上村上でした。
 
APWフォーラムに参加!
2014-07-11
今日は午後からみんなでYKKさんの
APWフォーラム&プレゼンテーション2014
に参加して来ました(*^_^*)
 
『APW430』と『APW330防火窓』の商品説明会と
展示会がありました。日本の窓も進化してます♪
嬉しい限りです!!!
そして、そのあとパッシブハウスジャパンの
代表理事を務めておられる『森 みわ先生』の
講演会がありました♪
これからの家づくりの参考になりました。
 
そして最後に、お楽しみの抽選会がありました!!!
どうせ、当たらんしぃ~と思いながらも
一応最後まで参加したところ・・・
なんと\(◎o◎)/
名藤君が大当たりぃ~!
ダイソンの扇風機を貰って帰って来ました♪
奥さん喜んでくれますね!
 
今日はたくさんの収穫があり充実した午後でした。
 
明日は棟上げです!!!暑くなりそうです。
体調管理して行きましょう!(^^)!
 
以上、末岡でした♪
 
 
 
 
 
 
青空
2014-07-10
久しぶりに青空を見ました。
 
 
インスペクションの講習を受けてきました!!
2014-07-09
 広島市佐伯区で新築・リフォームの工事をしている工務店、旭ホームズの名藤です。
 
昨日、平和公園の隣にある広島国際会議場で行われました、既存住宅現況検査技術者講習なる講習に村上部長と参加しました


こちらの講習は俗に言うインスペクターという住宅の検査技術者の技術者講習です。

インスペクターとは住宅をインスペクション(住宅診断)をする技術者の事を指します。

つまり、客観的な視点でこれから購入、リフォーム、取引しようとしている建物の劣化状況の診断を行う技術者の事です。

中古住宅の市場が増えてリフォーム、リノベーション等の言葉が盛んに聞かれますが、施工しようとしている建物が現状どの様な状況なのかを客観的に判断する技術者やガイドラインは実はまだ整備されていなかったのです。

昨年よりガイドラインができ、検査技術者の講習が全国で始まりました。

これで客観的は劣化状況の判断の元、同じ物差しで検査した色々な建物の判断基準が購入者さんに分かる様になれば良いと思います。

当社でも講習最後の試験に受かっていればインスペクション業務ができます。
 
と言っても昔からフラットの適合技術者講習を受けているのでインスペクションは以前から経験済みです!!
 
今日は難しい言葉ばかりのブログになってしまいましたが、お家のインスペクションがしたいと言う方は一度旭ホームズまでお問い合わせ下さいね!!

お問い合わせはこちらです↓

 
<<旭ホームズ 株式会社>> 〒731-5101 広島県広島市佐伯区五月が丘2-8-26 TEL:082-941-1211 FAX:082-941-1331